今が旬!天然の栄養カプセル「いくら」綺麗な色に栄養満点☆自家製いくらの醤油漬けでこどもの成長UP!

レシピ
スポンサーリンク

HELLO☆『私』です!!

読書の秋!スポーツの秋!芸術の秋!悩める秋!

悩める秋?聞いたことがないよね(笑)私の秋なだけです(*´Д`)

悩みって「自分で解決できる事」「自分ではどうにもならない事」2つあると思う。前者は自分の努力でどうにもなる事だから努力あるのみ<(`^´)>

後者は悩むだけしょうがないのか。。。まーしかし悩んでしまう(笑)

そんな時は「好きなものを食べて忘れちゃおう!」

食欲の秋ですから(笑)

そういうわけで、思いついたのが『私』と『王子』の好物でもある

いくら!!

今日は「いくら」について述べます(^_-)-☆

天然の栄養のカプセル「いくら」

いくらや筋子は鮭の卵から作られるため栄養価が高い!

鮭のブログの時に話した「アスタキサンチン」はビタミンEの1000倍の抗酸化作用を持ってる!なのでアンチエイジングの効果や美白効果も見込まれる凄い成分☆なぜなら、メラニン色素の生成を抑える働きがビタミンCより高い!

ちなみにアスタキサンチンのオレンジ色はカニやエビにも含まれているの!

生活習慣病を防ぐ

いくらにはDHAが含まれていて不飽和脂肪酸。

そのDHAには血液中の悪玉コレステロールを低下させて血液サラサラを保つ!

不飽和脂肪酸にはその他、記憶力向上や視力回復など効果がある脂質。

いくらにはEPAも多く含まれていて、血液中の中性脂肪を減らす効果が期待できる。そして、アレルギー対策にも有効。

EPAとDHA同時に摂取することにより効果が高めることができるので生活習慣病を防ぐにはピッタリ食品☆

成長ホルモンを分泌させる

いくらには良質なたんぱく質が100gあたり32.6g含まれ、体力向上、代謝活動の促進、疲労回復に役立つ☆

タンパク質の中の「アルギニン」→子供の体内で合成できない必須アミノ酸

これは、魚介類の中でトップ(*ノωノ)

「アルギニン」には成長ホルモンの分泌を促進する作用がある!

子どもにはとっても良い食品だね( *´艸`)オウジにタベサセヨウ☆

注意(+o+)

いくらは塩分が高いので高血圧の方は食べる量を控えめにした方が良い!

コレステロールも多いと言われている鶏卵より上回るので過度に心配しなくても頭に入れておくことは大切☆

以上が今回調べてまとめてみた結果!

いくらはそんなを気軽に食べるにはやはり「自家製」いっぱい作れて味の濃さも自分で調整できる!そして自分で作ると安上がり~( *´艸`)

王子にはやはり『私』の手作りでないとね(笑)

では簡単に作り方を写真で説明~☆

自家製いくら

材料・・・生筋子200g程度 塩大さじ1 酒50cc 醤油30cc 麺つゆ20cc→この割合はお好きなように

☆お水を50度弱まで温めて塩を入れて溶かす☆
☆お湯の中に生筋子を入れる☆
膜が白くなってくる
☆膜を綺麗にとっていく☆
水で洗って水を捨ててといらないものが水に浮かなくなるまで繰り返す
何回も何回も
☆お酒・醤油・麺つゆを入れ沸騰させて冷ます☆
☆冷ましたらいくら投入☆
1日冷蔵庫に置いたらできあがり( *´艸`)
☆タレがしみ込んでプリプリ☆

手間は掛かるけど好きな味に仕上げられるから自分好みの「いくら」を作って思う存分いくら丼作って食べてね(*ノωノ)

食欲の秋で悩みなんか吹っ飛ばそう!!!!

食べ物最高(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました