ボリューム満点!少ないお肉と豆腐でWのタンパク質でうまうまハンバーグ( *´艸`)節約・簡単♡

レシピ
スポンサーリンク

『私』です☆

台風到来/////”(-“”-)”サイアク

楽しみにしていた予定がぜーんぶパ~。。。。忙しい毎日の中スケジュール空けたのによりのもよってこの天気。ささいな楽しみを奪った台風の馬鹿野郎!

相手は自然だから文句言えない((+_+))

考えていた事あったけど、その想いは胸にしまい次へ( `ー´)ノ

nex!!

我が王子はTHE男子。好ましい食べ物を食べると『うまうま』言う。そして昨日は『うまうま』『明日も食べれる?』って聞いて来た。

こだわりの強い王子のツボメニューは

ハンバーグ

我が家のハンバーグは他の家と違う!玉ねぎは入れていない!王子は玉ねぎ好き。しかし一つの段取り、玉ねぎみじん切り作業を抜いたらかなり、時短に繋げる(笑)

野菜はサイドメニューで摂ればいいし、あえて玉ねぎを入れなくてもよい

その判断により『私』ハンバーグはWタンパク質=植物性+動物性を摂れる

タンパク質は両方バランス良く摂ることがBEST☆

Wタンパク質ハンバーグ

時間があれば、分厚く形成して両面焼いてからのオーブン焼き

時間がなければ、薄めに形成してチーズをのせてフライパン焼き

その時の状況に合わせて焼き方は変えているのです(^_-)-☆

豆腐を使うことによりコスト削減にもつながる(笑)

ではでは作り方

Wタンパク質ハンバーグ

材料(4人分くらい)・・・パン粉 1カップ  豆腐 200g  ひき肉300g 塩コショウ少々 ナツメグ→あれば ガーリックパウダー→あれば

① 豆腐とパン粉をまぜてパン粉に豆腐の水分が吸い込むまで放置

② 塩コショウ・ナツメグ・ガーリックパウダーを入れる

③ ひき肉→あいびきを入れて混ぜる

④ 好きな大きさに形成する

ここからはお好きな調理方法で☆

例えば

分厚いハンバーグ

ハンバーグのタネを好きな大きさに取り厚めに俵型にする

空気を抜くように「パンパン」する

表面をフライパンで焦げ目を付けるように焼く

200℃に予熱したオーブンで10分焼く

☆ふっくらジューシー☆

これをカレーに入れても良し!シチューに入れても良し!

大根おろしにポン酢でもよし!

☆オーブン焼き豆腐ハンバーグ弁当☆
タレは照り焼きソース
冷めても美味い( *´艸`)
☆シチューにオーブンでチーズを乗せ焼いたハンバーグ入れた☆
カレーでも美味し(*´Д`)

薄焼きハンバーグ

こちらは簡単☆

時間がない時はオーブンで予熱したり表面焼いたりそしてオーブン焼いたりのこの工程はめんどくさい!!そんな時は普通に薄めに焼けば時短!

両面焼いたら、スライスチーズを乗せてフライパンのフタを閉めれば「トロリ」チーズハンバーグ☆

☆チーズハンバーグ弁当☆
デミグラスソース

薄めに形成したタネに

小麦粉→卵→パン粉→油で揚げる→メンチカツ

これもお弁当やメンチカツパンなどにGOOD(^_-)-☆

☆メンチカツ&目玉焼きサンド☆
これはパンも自家製
☆メンチカツ弁当☆

玉ねぎのみじん切りを省く事によりハードルが低くなり簡単に

「簡単だしハンバーグにする?」

ってことを忙しくて時間がなくても言えるようになった(笑)

時間がある時に大量に作って冷凍してあるからいつでもお手軽☆

玉ねぎなし万歳☆

ちなみに

動物性たんぱく質→体に必要な必須アミノ酸が入っているから身体作りには重要☆こどもたちには動物性たんぱく質は必要ね!必須アミノ酸9種摂らないと筋肉合成にはつながらない☆

植物性たんぱく質→必須アミノ酸を全部賄うは出来ないけれども(大豆は肉と同じくらいの必須アミノ酸をバランス良く含まれているけど動物性たんぱく質の方が筋肉作るには良い)植物性たんぱく質はカロリーは低く美容に適した要素がある。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を同時に摂取するとタンパク質の吸収に持続性があるらしい☆

これは

筋肉の萎縮を抑制するということらしいですよ(V)o¥o(V)

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質バランス良く食べる事がいい事なので是非に両方食べれるこのWタンパク質ハンバーグを参考に(^_-)-☆

☆王子はハンバーグが大好き☆
Wタンパク質ハンバーグ食べて180cm以上になってくれ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました